タイトル

楽しく縫った記録



気まぐれに更新します。
この間、5年勤めた会社を辞めました。
今は新たなスタートを切っています(^^)

ポケットにおさまりやすいハンカチを
たくさん作りました。
会社で、仲のよかった友達にプレゼントしよう。

大きさを揃えて布を裁ったら
周りを細かい目のジグザグでぐるぐると
縫っていきます。
はじめは端をかがる気持ちで縫ってみたのですが
布端を巻き込んだりなかなか気持ちよく進まず、
端から5ミリ位内側に
ジグザグステッチをかける要領で縫っていき
最後にハサミでステッチの周りを切り落とす方法に。

ネットに入れて洗濯機にかけると、
生地の端から糸が出てくるので、綺麗にカットして
やっと完成!

形を整えてアイロンをかける際に
フロッキープリントをつけてみました。
かわいいな~
布切れが、かわいいハンカチになった♪

洗濯のあと、濡れてるうちに畳んで干せば
アイロンがけも不用です。

ポケットの中でゴロつかないし、
余った布の整理になるしお勧めです(*^.^*)

歩いてます



この間の日曜日。
家事を終えた午前中、夫に留守を任せて
「ちょっと歩いてくるね」と家を出た。
夫も息子たちも、
私の「ちょっと」がちょっとでないことを暗黙に心得てくれるまでに成長したようだ☆
携帯に「まだ帰らない?」と電話がくることもなくなり、
私に自由時間を満喫させてくれている。

これって、私にとっては家族の何よりの思いやりに感じる。。

この日は緑地沿いを歩いて…
開通したばかりの圏央道を歩道橋の上から眺めたり、
遠く秩父の山々と富士山の姿に心癒され、、
最後は書店に立ち寄り、
いつもは車で素通りするリサイクルショップに入ってみたり、
…と、気ままに四時間近く歩き一人時間を過ごした。

あー心地よい疲労感。それにリフレッシュできたな~



鮮やかな色づきではないけど近所らしい自然もおおいに満喫^.^



庭の木々



我が家の庭にある落葉樹の葉っぱ。
小さな土地に家があるので庭と呼べるようなものではないけど…

よく色々植えたな、って自分でも思う。
狭い土地事情も木々のおかげでやわらかい印象になれば。

ところで、葉っぱ色々…何の木のものかというと…


左から、

ジューンベリー、イロハモミジ、けやき、やまぼうし、シマトネリコ。

です。シマトネリコは常緑樹ではありますが我が家の木は一部紅葉(黄色く)そして落葉。いろんな色が混ざり合いとても美しい。ちなみに常緑樹はシンボルツリー的な大きさのオリーブ、コニファー五本、それからユーカリ二種と、トネリコは四本も( ・∇・)

その他にも鉢植えや花壇に色々…。

狭い面積によく植えたってところももちろんだけど、
いったいいくら貴重なお金をつぎ込んだのか恐ろしくなる。


でも、やめられ…ない!

外の様子など





家事をしながら、ご飯食べながら、窓の外を眺めると、
やまぼうしとジューンベリーの紅葉が美しい!
こういう、ふとした「間」があると生活に潤いを感じる。
ささやかだけどかけがえのない、いわゆる「幸せ」?





ジューンベリーはこっち。
赤に黄を混ぜたようなこれも美しい紅葉だ。。
休日の今日、日差しもあり暖かなので観葉植物なども水やりついでに日光浴。




部屋から出したのは一年目のウンベラータのみ。
(葉っぱが写ってないけど…素焼き鉢のがそれ)
あとは屋根のあるデッキで育てているもの。
熊童子、ガーデンシクラメン、ソフォラさん。
ソフォラさんは、正式名称が覚えられないけど
かわいいかわいい小さい葉っぱです。
この時期でも新しい葉っぱをまだまだ展開中で小さいけど元気(^.^)


今日はずーっと部屋で過ごしたいけど…。
昼前から用事があるので自由時間はあと少し。
でも都内での用事で待ち時間が空くから、
一人ランチでもしちゃおうかな♪と楽しみに。

秋の花壇



種類豊富なビオラに惹かれ花屋さんに行った。
色々なネーミングが付いていたけど覚えられない!
私が今年選んだのは、こんな暖色系の。。



あんみつナントカ…たしかそんな名前だったような?
スマホのカメラでは何度角度を変えてみても
肉眼どおりの色には写らなく。
いや改めて身体の機能は本当にすばらしいと思ってしまう。

ちょっと込み合いすぎた花壇の草花…。
ローズマリーやタイム、西洋ニンジンボクの草に紛れるようにビオラを配置した。

レンガと草花が互いに自然に馴染む春が待ち遠しい♪
春が、なんて思わず口走ってしまったけど…
今この辺りの街路樹の木々やうちの庭も色づき始めたいい季節に。
秋本番のようです。





居間から眺めるやまぼうしの紅葉。
これからあっという間の時間なのだろうけど
毎日変わっていく紅葉のグラデーションを楽しもう(^.^)